マニアの友、コレクターズDVD専門店 monotone です。

\10,000以上お買い上げの方には、送料無料(当社負担)補償付きゆうパックでお届けします
☆5000円以上お買い上げでも送料無料(当社負担・冊子小包郵便に限る・補償なし)でお届けします!!!
※携帯でもご覧になれます。コチラをクリックして下さい。※                                  
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜

新入荷タイトル

Whitesnake ホワイトスネイク/London,UK 1980 Longer & Upgrade
白蛇タイトルの最高衝撃作とも言われた伝説のサウンドボード・アルバムが史上最高・最長を更新して復刻。【伝説の超極上サウンドボードを公式テイクでアップグレード】

 

Whitesnake ホワイトスネイク/Aichi,Japan 1980 Longer & Upgrade
イアン・ペイスと合流し、初来日を果たした1980年のWHITESNAKE。その伝説的な超極上ステレオサウンドボード・アルバムが完全形で復刻

Deep Purple ディープ・パープル/UK 1973 Original Master
DEEP PURPLEマニアを喜ばせた「LYON 1973」に続き、1973年の「WHO DO WE THINK WE ARE!」リリース当時のライヴから、マニア垂涎のアイテムがまたひとつリリース決定です

Jethro Tull ジェスロ・タル/Denmark 1974 2 Days Complete
ジェスロ・タル1974年のヨーロッパ・ツアーより11月4日と5日の二日間行われたデンマーク・コペンハーゲン公演が、高音質オーディエンス録音マスターより両公演コンプリート収録の3枚組セットで登場

Rolling Stones ローリング・ストーンズ/Fukuoka,Japan 1995 2 Days
今回は福岡二日間をどちらも完全収録したカップリング・リリースという画期的なタイトルの登場が実現です。

Various Artists J.D. Souther,Lida Ronstadt,James Taylor/Hyogo,Japan 1981
本タイトルは9月13日の甲子園球場でのライブを、4組すべてオリジナル・オーディエンス・マスターからコンプリート収録。

Linda Ronstadt リンダ・ロンシュタット/Keeping Out of Mischief
カリフォルニアのロック・シンガーから偉大なスタンダード・シンガーへと羽ばたこうとしていた80年代初期のリンダ・ロンシュタット。そんな彼女のターニング・ポイントに制作された幻のスタジオ・アルバムがリリース決定です

Michael Schenker Fest マイケル・シェンカー/Aichi,Japan 2018 & more IEM Matrix Ver
ニュー・アルバム『レザレクション』を携えておこなわれた2018年ジャパン・ツアーより、二日目の名古屋公演と三日目の東京公演(ファースト・ナイト)を、ともにステレオ・サウンドボード録音に比肩するパーフェクト・サウンドで収録した最終決定版タイトルが登場!おなじみレーベルが満を持してお届けするマルチ・ステレオIEMマトリクス音源

Michael Schenker Fest マイケル・シェンカー/Osaka,Japan 2018 & SC IEM Matrix Ver
ニュー・アルバム『レザレクション』を携えておこなわれた2018年ジャパン・ツアーより、初日の大阪公演をステレオ・サウンドボード録音に比肩するパーフェクト・サウンドで収録した最終決定版タイトルが登場

Joe Perry,Hollywood Vampires ジョー・ペリー/Tokyo,Japan 2018 IEM Matrix Ver
ジョーはいつでもスモーキン!2018年来日ツアー東京公演(9/18品川ステラ・ボール)と、完全招待制のハリウッド・ヴァンパイアズのプレミアム・ギグ(9/15ZEPPダイバーシティ)をともにステレオSBD音源と同等のミラクル・サウンドで完全収録した

Cheap Trick チープ・トリック/Tokyo,Japan 2018
2018年「あのライヴ・アット・武道館」40周年を祝しての来日公演より、10月11日ZEPP東京におけるライブを、フロント・ローからのハイクオリティー・オーディエンス・マスターに、24bitデジタル・リマスタリングを施したベスト・クオリティーにてコンプリート収録。

Heart ハート/PA,USA 1990
ロック・マニアの話題を一身に集める"Wolfgang's Vault"音源シリーズから、再び待望のタイトルがリリース決定です!

Eric Clapton エリック・クラプトン/NY,USA 10.7.2018 S & V
本盤は今月に行なわれたばかりのMSG最終公演を良好なステレオ・オーディエンス録音で収録し、同公演のほぼフルステージを映像収録した2CD+DVDの3枚組セットとなります。

Yes イエス/NY,USA 1974
1974年『リレイヤー』リリースに伴う北米ツアーから9日目となる、11月20日ニューヨークはバッファロー公演を、当時のカセット録音としては良好なクオリティーにてほぼコンプリート収録

Camel キャメル/London,UK 2018
2018年5月の来日公演では『MOONMADNESS』完全再現がファンの間では大きな話題となった後、秋から行なわれたUKツアーより、9月17日ロンドン、ロイヤル・アルバート・ホール公演の模様を、サウンドボード・レベルのデジタル・オーディエンス・レコーディングにて、2時間20分にわたりコンプリート収録

Steve Hackett スティーヴ・ハケット/Birmingham,UK 2018
2018年4月来日公演後「GENESIS REVISITED, SOLO GEMS & GTR」ツアーは7月で一旦終了。そして10月からはなんと母国イギリスで41人編成オーケストラを帯同してUKツアーをスタートさせた中、その4公演目となる10月5日バーミンガムのシンフォニー・ホールでのコンサートを、1時間57分にわたりハイクオリティー・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録

Nick Mason ニック・メイスン/Manchester,UK 2018
9月2日からは本格的なヨーロッパ・ツアーがスタート。そして最後は再びイギリスで6公演のみ行った中、9月27日マンチェスター公演を、デジタル・オーディエンス・レコーディングにて112分にわたりコンプリート収録。

Black Sabbath ブラック・サバス/Sweden 1995 Upgrade
ディスク1と2には、'95年ライヴとして2回目のライヴとなる'95年6月16日のスウェーデンは"カルルスハムン・ロック・フェスティバル"を1時間21分に渡って超高音質オーディエンス録音で完全収録しています

Iron Maiden アイアン・メイデン/Germany 1981 Complete
IRON MAIDEN史上の……いえ、音楽ジャンル“Heavy Metal”を揺るがす一大衝撃作だった『COMPLETE BEAT-CLUB 1981』。ポール・ディアノ時代の最長・最高峰マルチカメラ・プロショットにして、全世界のメタル者を震撼させたあの超傑作がDVD化決定です

Beatles ビートルズ/Rare Unseen and Unheard
世界中のビートルズ・コレクター注目のHMCレーベルからの2018年注目の最新タイトル『レア・アンシーン&アンハード』登場!

Scorpipns スコーピオンズ/CA,USA 1985
世界中のロック・マニアを瞠目させている"Wolfgang's Vault"マスターより、また新たな衝撃的アイテムが登場!

Toto トト/North America Tour August 2018
2018年、デビュー40周年記念の「40 Trips Around The Sun」の、夏からスタートしたUSツアーより、初日7月30日カナダ、バンクーバーから、8月23日オンタリオ、ウィンザーにかけての9公演からのライブを、モバイルも含む各種オーディエンス映像にて収録。

Joe Perry ジョー・ペリー/Tokyo,Japan 2018 & more
アメリカ以外では日本でのみ実現したエアロスミスのジョー・ペリーのソロコンサートの模様をオーディエンスショットで収録した映像です。

Paul McCartney ポール・マッカートニー/NY,USA 2018 & more
ニューアルバムが素晴らしい出来栄えというだけでなく、何と米英両方でチャートのナンバー・ワンに輝くという大ヒットを記録したポール・マッカートニー。
ジャンルマップ

 QRコード

QRコード

monotone -mobile- のQRコードです。※使い方は、ご利用の携帯電話の説明書をお読み下さい※

 お支払い方法

銀行振込、郵便振替、代金引換がご利用いただけます。 


ジャパンネット銀行
みずほ銀行
イーバンク銀行
三菱東京UFJ銀行
以上がご利用になれます。振り込み手数料等については各銀行のHPをご参照下さい。


配達の際、郵便物と引換えに、当社が指定した代金をお客様からお預かりするサービスです。
“入金したのに商品が届かない!”・“お店がどうも信用出来ない…”といった経験をお持ちの方に最適です。送料は多少張りますが、その分安心度が違います。
※料金は、商品代金:???円+送料【手数料(代引き手数料:250円+通常払込手数料:120円)+運賃:???円(冊子小包郵便orゆうパック)】となります。





多彩なお支払い方法が可能な佐川急便:e−コレクトがご利用可能です。
現金・クレジットカード・デビットカード(※銀行などのキャッシュカード)、どれでもお使いいただけます。
クレジットカードご利用時、お支払い方法が従来の一括払いのほかにリボ払いと分割払いを選択いただけます。
(一部一括払いのみの取扱いとなるカードがございます)

   ※※ご注意下さい※※

毎日沢山のご注文を頂戴し誠にありがとうございます。ですが残念な事に、メールアドレスの入力間違い携帯メールの選択受信設定の不備で、当方からの連絡メールを受信されずに音信不通→キャンセルという状況が少なくありません。

・ご注文の際、メールアドレスの入力間違いはないか

・当方からの連絡メールを受信可能にしてあるか
※迷惑メールを気にするあまり、当方からの入金確認メール・発送のご報告メールすら受信してもらえない方も中には…。

・携帯メールのドメイン選択受信指定(@以下)を mo-no-tone.com に設定

以上、今一度ご確認下さい。
※ご注文後、
1〜10分以内にサーバーから自動送信されるメールが届かない場合は、ご記入頂いたメールアドレスが間違っている可能性がございます。

その際はコチラよりお問い合わせ頂くか、コチラより直接ご注文下さい。

あと、ショッピングカートに商品を入れておける時間は、システムの都合上恐らくは20分〜30分、長くても1時間程度です。
あまり長時間ショッピングカートに商品を入れたままですと、せっかくお選びなった商品が全てクリアされてしまいます。
十分にお気を付け下さい。

商品選択に時間が掛かってしまう時は、コチラより一旦メーラーをお開きになり、商品名をコピペしておく事をお薦めします。
もちろんそのままメールにて直接のご注文で結構です。その際、お客様の
“お名前”・“ご住所”・“お電話番号(任意)”・“ご希望の振込先(お支払い方法)”・“ご希望の商品名”をお忘れ無く一緒にご連絡下さい。後ほど折り返し当方より“受注確認メール”を差し上げます。

この度はご来店頂き、本当にありがとうございます。
ではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者紹介お問い合わせカートの中
商品詳細

Uli Jon Roth ウリ・ジョン・ロート/Aichi & Tokyo,Japan 2015




ウリ・ジョン・ロート最新のジャパンツアー全3公演の音源が一挙登場!SCORPIONS 40th ANNIVERSARY TOUR OF JAPAN 2015のうち、本作は初日名古屋と2日目東京公演のカップリングタイトルです。時は1973年、ウリのバンドDAWN ROADとルドルフ・シェンカーが合流し、新生SCORPIONS発足…から早40年。ウリの自身が在籍した1973-1978年のSCORPIONS楽曲に特化したライヴを2013年より開始、2015年1月にリリースした(セミ)ライヴ・アルバム「SCORPIONS REVISITED」にてウリに見初められメインヴォーカルに抜擢されたネイサン・ジェイムズを帯同して遂に来日となりました。初日となる名古屋公演を記録したのは皆様ご存知、西日本最強テーパー氏。本作では、ライブハウス規模の会場の響きを忠実に捉えながらも、楽音の妨げとなるオーディエンスノイズがほぼ皆無!オールスタンディングの会場では奇跡的!いえ、奇跡ではなく、氏が瞬時の判断で手拍子の多い場所からPAスピーカー前に録音ポジションを移動したことによるのです。こうした判断もまた氏がマイクと会場音響を熟知した上でさらに、たった今録音されている音像バランスを予想して成し得る技。オープニングはSCORPIONSライブ盤「TOKYO TAPES」と同様、「All Night Long」。もう冒頭からバンド一丸の強靭な音圧に、嬉しい驚きです!今回のツアーはギター3本、キーボード、そしてウリ、ネイサン、ニクラス・トゥルマンの3人が代わる代わるメインボーカル、そして各メンバーがバックヴォーカルも執る大所帯。4ピースバンドの既成の枠組みに制約されることなく、ウリが表現したい音のために(曲ごとに)編成を変えプレイヤーを揃える、そんな表現する音に対するアーティストとしての責任とプロフェッショナル意識がこうした大編成を実現させています。序盤の「Longing For Fire」「Crying Days」「Sun In My Hand」など、SCORPIONS時代にはハーモニーなどスタジオ多重録音どおりにはライブ再現できなかった楽曲が今、作曲録音時にウリが意図したとおりの形で私達の目の前に現われてくるのです!ウリのスカイギターに加え、その左右にストラトキャスターの2人を配し、トリプルギターで奏でられる豊潤なハーモニー。そして、オリジナル版の倍に拡張アレンジされた「The Sails of Charon」では妖艶なムードの中、ウリのスカイギターとネイサンのヴォーカルがインプロヴァイズを重ねドラマティックに高潮に達する…。そして、SCORPIONS在籍時はもちろん2000年代から再びレパートリーとなって2001年、2008年来日時も披露された「We'll Burn The Sky」終盤では、この名古屋公演のみ出演したリチャード・カークのアタックの強い2バス連打(この突進力のあるアンサンブルは日本ではこの夜限りなのです)、そして高速ツイン(トリプル)ギターアルペジオの上にウリが天をも燃やさんばかりにハイフレットで昇りつめていく…かつてないほど激しく美しい。これをカタルシスといわずして何と言いましょう。まだセットリストの中盤にしてすでにクライマックスを迎えたかのような充実ぶりです。「In Trance」では、普段埋もれがちなバックコーラスと古色蒼然としたオルガンの音色がたいへん分離よく聴きとれます。ウリの音量が結構大きいためウリと逆サイドでコーラスをとるニクラス、キーボードのコルヴィン・バ―ン付近(のPAスピーカー前)に録音ポジションを選んだテーパー氏の判断は正解。この分離のよい音質に反映されています。「さぁ特別なひと時だ、毎晩異なる演奏になるよ」とニクラスのMCに導かれ、ウリによる7弦クラシックギター(ゴダンのGrand Concert-7)ソロリサイタル。インプロヴァイズを交えてのナイロン弦の優美な響きは名匠というにふさわしい。繊細な音世界から豪快なハードロックへとセットリスト終盤に向けて加速、特にアンコール「Pictured Life」「Catch Your Train」の2連発では周囲のオーディエンスから歓喜のあまりの悲鳴や嗚咽が(テーパー氏のPAダイレクトな音質では問題なし)。セカンドアンコールは敬愛するジミヘンドリックスナンバーで定番の締めくくりとなっています。翌日の東京公演、会場の中野サンプラザはSCORPIONS公式ライヴ盤「TOKYO TAPES」の素材となった1978年4月24日、27日両公演が行われた会場。ウリ在籍時SCORPIONSファンにとってはまさしく聖地。その聖地で37年ぶりにSCORPIONS時代の楽曲ばかりのライヴが行われること。その聖地が解体されることとなり、同じ会場でウリを観られるのは恐らく今回が最後となるであろうこと。ウリはこの東京公演を公式ライヴ映像作品「TOKYO TAPES REVISITED」とすべく公式撮影カメラの入る公演となったこと。このように、ウリがこの夜この会場で「TOKYO TAPES」に集大成されたSCORPIONS楽曲を演奏することには幾重にも意義があるのです!そしてこの重要なライヴを究極の音質とドキュメント性でもって捉えた本作は、公式盤越えとなるに間違いありません(まだリリースもされていないうちから)!!ショウはネイサンとニクラス、そしてウリがヴァラエティ豊かに曲ごとにヴォーカルを執りながら、曲のカラーが最大限に発揮されていきます。ネイサンはクラウス・マイネほど突き抜ける声質でないものの、力強く情感を込めるスタイル、ニクラスはクリアで甘く伸びやか(そのニクラス、開演前半はギターアンプの故障に悩まされました)。  「荒城の月」では、イントロ部にインストアレンジが加わり、琴を模した音色のキーボード、トレモロ奏法が活きるウリのギターがしっとりした和の情景を描き出します。また、単独曲として中野サンプラザで単独曲として演奏するのは、実に1978年初来日以来となります!(2001年来日時はヴォーカル+バンド演奏でしたが厚生年金会館で別会場。2008年時はこのサンプラザでしたが、「Dark Lady」にインクルードされヴォーカルなしの演奏)また、「Fly to The Rainbow」終盤、ウリの激しいアーミングもハイライトのひとつ。ブレイクしたのちギター1本でアームアップ&ダウンとフォードバック。まるでギターが生き物のように慟哭し、雄叫びを上げ、あるいは爆撃機のように轟音を轟かせる。一音一音に入魂のウリ。オーディエンスは鳥肌を立たせながらウリのパフォーマンスを注目することに全身全霊捧げていたでしょう。アーミングがあまりに激し過ぎて弦が切れるというトラブルが生じ、「私は決して弦が切れたことはなかった。SCORPIONS 時代はよく弦が切れチューニングが狂ったんだ、この今以外は。これはSCORPIONS(の曲)のショウだからかもね」とジョークを言いながらもやや動揺している様子がうかがい知れます。さらに不運は続き、控えのスカイギター“インフィニティ”で「Top of the Bill」がスタートするもチューニングが狂っており、アーミングで音程差をカヴァー試みるも演奏中断(80年代後期、BAD NEWSというバンドがQWEENの「Bohemian Rhapsody」をわざと調子っぱずれでカヴァーしたのを思い出させます)。結局、弦を張り直して戻ってきたスカイギターを使うことに。ヘッドに装備してあるトロニカル社の自動チューニングシステムを実演してみせると会場から感嘆のどよめきが。仕切り直して「Top of the Bill」を支所から再スタート。公式盤には決して残ることのないドキュメンタリーがここにあります! なお、この晩からジェイミー・リトルがドラマーとして出演。名古屋公演のリチャードはパワーヒッターでテンポが速く突進力がありましたが、ジェイミーはしなやかで軽快かつ絶妙なグル―ヴを生む持ち味。繊細なシンバルワークも魅力です。ショウの佳境、「I've Got To Be Free」ではコール&レスポンスで会場を一体化させ、「Polar Nights」SCORPIONS時代の“ストラトながら異様に図太い音”で豪快なプレイ、「Dark Lady」では各メンバーのソロタイムをインクルードし盛大に盛り上げる。そして、燃え尽きよと言わんばかりにとどめのアンコール。間髪いれず立て続けに「Pictured Life」「Catch Your Train 」!自身の新しい音楽作品、新しいプレイスタイル、果ては新しい楽器(スカイギターの発展改良)まで、常に進歩し続けるウリのクリエイティヴィティ。対して、ファンはSCORPIONS時代の曲の再演を切望する。それは叶わない願いでもありました。ウリ自身が、過去の自分のプレイスタイルを模倣すること以上に自身の過去のレパートリーから再発見する意義をみつけた今、SCORPIONS時代のオリジナルヴァージョンを尊重しながらもそれ以上の演奏クオリティで体験できるときが来たのです。その喜びを4CDでおくる本作で、あなたとわかち合いたい。 Bottom Line, Nagoya, Japan 19th February 2015 ULTIMATE SOUND(from Original Masters) Nakano Sun Plaza, Tokyo, Japan 20th February 2015 TRULY PERFECT/ULTIMATE SOUND(from Original Masters) Live at Bottom Line, Nagoya, Japan 19th February 2015 Disc 1 (75:37) 1. Introduction 2. All Night Long 3. Longing For Fire 4. Crying Days 5. The Sails Of Charon 6. Sun In My Hand 7. Virgin Killer 8. Kojo No Tsuki 9. We'll Burn The Sky 10. In Trance 11. Rainbow Dream Prelude 12. Fly To The Rainbow Disc 2 (63:34) 1. Top Of The Bill 2. I've Got To Be Free 3. Polar Nights 4. Dark Lady 5. Pictured Life 6. Catch Your Train 7. All Along The Watchtower 8. Little Wing Live at Nakano Sun Plaza, Tokyo, Japan 20th February 2015 Disc 3 (79:28) 1. Introduction 2. All Night Long 3. Longing For Fire 4. Crying Days 5. The Sails Of Charon 6. Sun In My Hand 7. Virgin Killer 8. Kojo No Tsuki 9. We'll Burn The Sky 10. In Trance 11. Rainbow Dream Prelude 12. Fly To The Rainbow Disc 4 (71:56) 1. Top Of The Bill 2. I've Got To Be Free 3. Polar Nights 4. Dark Lady 5. Pictured Life 6. Catch Your Train 7. All Along The Watchtower 8. Little Wing Uli Jon Roth - Guitar, Vocal Nathan James - Vocals Niklas Turmann - Guitar, Vocals David Klosinski - Guitar Corvin Bahn - Keyboards, Vocals Ule Ritgen ? Bass Richard Kirk - Drums (19th February) Jamie Little - Drums (20th February)

商品名 Uli Jon Roth ウリ・ジョン・ロート/Aichi & Tokyo,Japan 2015
販売価格 2,780円
ランク ☆☆☆
在庫数

数量: