マニアの友、コレクターズDVD専門店 monotone です。

\10,000以上お買い上げの方には、送料無料(当社負担)補償付きゆうパックでお届けします
3枚以上お買い上げでも送料無料(当社負担・冊子小包郵便に限る・補償なし)でお届けします!!!
※携帯でもご覧になれます。コチラをクリックして下さい。※                                  
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜

新入荷タイトル

Cheap Trick チープ・トリック/Osaka,Japan 2016 & more
初日大阪公演が、おなじみレーベルより異次元のミラクル・サウンドで登場!

 

Paul Simon ポール・サイモン/London,UK 2016
2016年『STRANGER TO STRANGER』リリースに伴う秋のユーロ・ツアーより、ハイライトとなった11月7&8日と2日連続のロイヤル・アルバート・ホールでのライブを、ハイクオリティー・オーディエンス・マスターより両日コンプリート収録

Mick Jagger ミック・ジャガー/Osaka,Japan 1988
88年ジャパンツアーより、3月15日の大阪城ホール公演をオーディエンス録音で収録!!

Sting スティング/France 2016 & more
2016年11月12日パリ・バタクラン公演を極上サウンドボード&プロショットにて完全収録!!DVDはハイレート・デジタル収録の超高画質/クリップメニュー/チャプター機能付き!!

Alabama Shakes アラバマ・シェイクス/Tokyo,Japan 2016
2016年ジャパンツアーより、12月12日東京初日公演を迫力&臨場感満点の極上級/超高音質にて完全収録!!

ARW Anderson Rabin Wakeman/NY,USA 2016
早くも2017年4月に来日の決まったARW(アンダーソン・ラビン・ウェイクマン)。その予習にもピッタリな超・極上ライヴアルバムが2CDで登場です。

Santana,Journey サンタナ・ジャーニー/CA,USA 2016
ウェストコースト・サウンドの一大イベントを完全収録した第2弾。メイン・アクトの2組SANTANA&JOURNEY編です

Doobie Brothers,Tower of Power,Steve Miller Band/CA,USA 2016
2016年9月4日、その1日限りの豪華フェスで話題となった「SAN FRANCISCO FEST 2016 ON THE GREEN」は、ウエスト・コーストを代表する5バンドが一堂に勢揃いしたもので、そのラインナップは、TOWER OF POWER、THE DOOBIE BROTHERS、STEVE MILLER BAND、SANTANA、そしてJOURNEY。そんな彼らが地元サンフランシスコ、AT&Tパーク”で開いたビッグ・イベント

Ozzy Osbourne オジー・オズボーン/Osaka,Japan 1998
本作は、1998年ジャパンツアーのうち、「1998年2月28日:大阪厚生年金会館」のオーディエンス・アルバムなのです

EL & P Emerson,Lake & Palmer/Switzerland 6.5.1971 Source 2
初期『TARKUS』時代の極上ライヴアルバムが奇跡の新発掘です。“進化するロック”として一世を風靡したプログレッシヴ・ロックですが、数あるバンドの中でもEL&Pは驚異的な演奏力でジャズやクラシックを強引に融合させたグループでした。

Mark Knopfler マーク・ノップラー/London,UK 2011
ボブ・ディランとのジョイント・ツアーが話題の2011年のツアーより、ヨーロッパ・ツアーの千秋楽となった、11月19日〜21日のロンドンはハマースミス・オデオン公演3連続公演を、全てオリジナル・マスターより完全収録。

Yngwie J.Malmsteen インヴェイ・マルムスティーン/GA,USA 2001
2001年「WAR TO END ALL WARS」USツアーより、3月18日のアトランタ公演を、驚異的なまでのダイレクト感を誇る最高レベルの超高音質オーディエンス録音で完全収録

Yes イエス/Tokyo,Japan 2016 3Days IEM ver
近年希に見るほどの“音源異常事態”となった最新YESの来日公演。今週をもって全日程の頂上録音が出揃いましたが、さらにダメ押しとなる極上イヤー・イン・モニター(IEM)アルバムが登場です

Yes イエス/Tokyo,Japan 1988
世界初公開のキニー・カセットの登場です。これまでもさまざまなキニー録音をオリジナル・カセットから復刻して参りましたが、今回はアナログを含めてタイトル化されたことのない発掘品。

Ringo Starr リンゴ・スター/Tokyo,Japan 10.30.2016 IEM Ver.
10月30日東京NHKホールでのライブを、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスし、コンプリート

Led Zeppelin レッド・ツェッペリン/CA,USA 1972 2016 Remaster
“ベストなHOW THE WEST WAS WON”・“これぞ本来のサウンド”と激賞された大傑作が最新・細心リマスターで蘇りました。

Soft Machine ソフト・マシーン/UK 2016
2015年12月ソフト・マシーン・レガシーからソフト・マシーンに名を戻し、新たな活動をスタート。その2016年秋のUKツアーより、11月15日ミルトン・キーンズ公演をデジタル・オーディエンス・レコーディングにて、97分にわたりコンプリート収録

Yes イエス/NY,USA 1991
1991年「UNION TOUR」よりツアー中盤の7月21日ニューヨークはジョーンズ・ビーチ・アンフィシアター公演を、数ある1991年の中でも間違いなくベストと断言できる超高音質オーディエンス録音で約2時間30分に渡って収録

Coldplay コールドプレイ/PA,USA 2016
2015年12月『A Head Full of Dreams』リリース後の長期におけるツアーからのUSツアーより、9月4日フィラデルフィアで開催された「Budweiser Made in America」に出演時の模様を、WEBキャスト・オンエアーからのマスター・クオリティー、プロショット映像

Tedeschi Trucks Band テデスキ・トラックス・バンド/Canada 2016
6月28日カナダ、バンクーバーで開催された「TD Vancouver International Jazz Festival」に出演時の模様を、WEBキャスト・オンエアー・マスターからのプロショット映像にて収録。

Chicago シカゴ/Video Archives 1973-1977
60年代末からこれまで長年に渡りアメリカン・バンドの代表として活動してきた”シカゴ”の映像コレクション第二弾!

Sting スティング/France 2016
17年ぶりにロックへと回帰した新作『57TH & 9TH』を発表したスティング。その最新にして極上のプロショットがリリース決定です

Guns N’ Roses ガンズ・アンド・ローゼス/Tokyo,Japan 1992 LD Ver.
時代の象徴ですらあった大決定オフィシャル映像『USE YOUR ILLUSION 1992 IN TOKYO』。そのレーザー・ディスク版が史上最高峰クオリティで復刻です。

Metallica メタリカ/London,UK 2016
8年ぶりの新作『HARDWIRED... TO SELF-DESTRUCT』が凄い事になっています!
ジャンルマップ

 QRコード

QRコード

monotone -mobile- のQRコードです。※使い方は、ご利用の携帯電話の説明書をお読み下さい※

 お支払い方法

銀行振込、郵便振替、代金引換がご利用いただけます。 


ジャパンネット銀行
みずほ銀行
イーバンク銀行
三菱東京UFJ銀行
以上がご利用になれます。振り込み手数料等については各銀行のHPをご参照下さい。


配達の際、郵便物と引換えに、当社が指定した代金をお客様からお預かりするサービスです。
“入金したのに商品が届かない!”・“お店がどうも信用出来ない…”といった経験をお持ちの方に最適です。送料は多少張りますが、その分安心度が違います。
※料金は、商品代金:???円+送料【手数料(代引き手数料:250円+通常払込手数料:120円)+運賃:???円(冊子小包郵便orゆうパック)】となります。





多彩なお支払い方法が可能な佐川急便:e−コレクトがご利用可能です。
現金・クレジットカード・デビットカード(※銀行などのキャッシュカード)、どれでもお使いいただけます。
クレジットカードご利用時、お支払い方法が従来の一括払いのほかにリボ払いと分割払いを選択いただけます。
(一部一括払いのみの取扱いとなるカードがございます)

   ※※ご注意下さい※※

毎日沢山のご注文を頂戴し誠にありがとうございます。ですが残念な事に、メールアドレスの入力間違い携帯メールの選択受信設定の不備で、当方からの連絡メールを受信されずに音信不通→キャンセルという状況が少なくありません。

・ご注文の際、メールアドレスの入力間違いはないか

・当方からの連絡メールを受信可能にしてあるか
※迷惑メールを気にするあまり、当方からの入金確認メール・発送のご報告メールすら受信してもらえない方も中には…。

・携帯メールのドメイン選択受信指定(@以下)を mo-no-tone.com に設定

以上、今一度ご確認下さい。
※ご注文後、
1〜10分以内にサーバーから自動送信されるメールが届かない場合は、ご記入頂いたメールアドレスが間違っている可能性がございます。

その際はコチラよりお問い合わせ頂くか、コチラより直接ご注文下さい。

あと、ショッピングカートに商品を入れておける時間は、システムの都合上恐らくは20分〜30分、長くても1時間程度です。
あまり長時間ショッピングカートに商品を入れたままですと、せっかくお選びなった商品が全てクリアされてしまいます。
十分にお気を付け下さい。

商品選択に時間が掛かってしまう時は、コチラより一旦メーラーをお開きになり、商品名をコピペしておく事をお薦めします。
もちろんそのままメールにて直接のご注文で結構です。その際、お客様の
“お名前”・“ご住所”・“お電話番号(任意)”・“ご希望の振込先(お支払い方法)”・“ご希望の商品名”をお忘れ無く一緒にご連絡下さい。後ほど折り返し当方より“受注確認メール”を差し上げます。

この度はご来店頂き、本当にありがとうございます。
ではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者紹介お問い合わせカートの中

Yes

リード・ヴォーカルで創作面のリーダーでもあるジョン・アンダーソンの哲学・世界観がその音楽に大きく影響し、このアンダーソンのヴィジョンに同調できるか出来ないか、という選択がバンド在籍の可否に大きく影響を及ぼしていると言われている。その為、優れた技術・センスを持ちながらもイエスにはフィットしないという理由でミュージシャンが加入/脱退/再加入する事が多く、不安定な活動が長年続いた。
カテゴリ一覧
1970's(3)
結成当初にアンダーソンとスクワイアが唱えていた「強力なボーカルとインストゥルメンタルの融合」で、未完の部分だった演奏面の強化は、2回のメンバー・チェンジによって遂行された。ハウはジャズ、クラシック、カントリーなど多彩なスタイルを器用にこなす独特のギター・プレイと優れた作曲能力を提供し、リック・ウェイクマンは西洋古典音楽のアカデミックな音楽教育に根ざした理論と数多のセッションで培った確かな技術、最新のテクノロジー、それに派手なプレイと振る舞いでエンターテインメント性をバンドにもたらした。
1980's(3)
スクワイア、ホワイト、ラビン、ケイの4人でのシネマとしてのデモ・テープが作成され、アンダーソンがシネマに参加することになり、シネマがイエスに改名し、イエスの再結成となった。イエスは新作アルバム「ロンリー・ハート - 90125(1983年)」を完成させている。このアルバムからシングル・カットされた「Owner Of A Lonely Heart」はアメリカをはじめ多くの国で1位を獲得し、イエスは再結成によって最大の成功を手にした。
1990's(5)
日本公演を含むビッグ・ジェネレイター・ツアーが終了した時点でジョン・アンダーソンは再びバンドを脱退する。そして彼はスティーヴ・ハウ、ビル・ブラッフォード、リック・ウェイクマンとともに「アンダーソン・ブラッフォード・ウェイクマン・ハウ(以下ABWH)」を結成するに至る。アンダーソンがこうした活動に出た裏には、トレヴァー・ラビンが主導するバンドに不満を抱いていたということがあるとされる。特にビル・ブラッフォードの参加は、様々な意味で歓迎された。
2000's(3)
キーボード不在を逆に好機と捉えたイエスは、以前から暖めていた企画であるオーケストラとの競演を柱とした作品「マグニフィケイション」を発表する。更には欧米でオーケストラとの共演ライヴを実現した。ライヴではキーボードにトム・ブリズリンが参加している。マグニフィケイション・ツアーを終えたイエスは、ウェイクマンの復帰(4回目)を発表した。その後イエスは、2002年のクラシック・ツアー、2003年のフルサークル・ツアー、2004年の35周年記念ツアーと大規模なツアーを行った。
2010's(17)
アンダーソンはソロ・ライヴで欧米を巡業し、2010年にはイギリスでリック・ウェイクマンとの共演の「プロジェクト360」としてのライヴも行ない、連名のアルバムも発表している。2010年、ベノワ・ディヴィッドとオリヴァー・ウェイクマンを正式なメンバーとして次作のレコーディングを行なうことがアナウンスされた。プロデューサーにはトレヴァー・ホーンが参加すると発表された2011年7〜8月、スティクスを前座として北米ツアーを、11月〜12月、単独でヨーロッパ・ツアーを行う。
Bill Bruford(5)
イエス、キング・クリムゾンなどに在籍したプログレッシヴ・ロック界を代表するドラマーである。参加作は多数に渡る。まず1968年イエス結成メンバーとしてデビュー、『危機』の発表後にイエスを脱退し、キング・クリムゾンに加入。主にジャズロック系の分野に活動をシフトし、再び自身のプロジェクトであるアースワークスを結成。当時の最先端楽器だったエレクトリック・ドラムを自在に操る奏者としても名を馳せた。
Jon Anderson(2)
ザ・ウォーリアーズ、ザ・ガンといったバンドを経て、1968年にメイベル・グリアーズ・トイショップに在籍していたクリス・スクワイアと出会う。意気投合した彼らはビル・ブラッフォード、ピーター・バンクス、トニー・ケイと共にイエスを結成し、1969年にデビュー・アルバム『イエス・ファースト・アルバム』を発表する。1976年には初のソロ・アルバム『サンヒローのオリアス』を発表している。その後しばらくソロ活動を行うが、1983年にイエスに復帰し『ロンリー・ハート』が大ヒットを記録する。
Rick Wakeman(3)
リック・ウェイクマンの音楽には、小さい頃から習ってきたクラシック音楽の素養が出ている。ソロ作品ではカントリーやブルーグラスの要素も感じられる。特に1970年代の作曲や演奏で、その傾向が色濃い。運指の速い流麗な演奏は、当時いち早くスター・キーボード・プレイヤーとなっていたキース・エマーソンに迫る実力とカリスマ性を備えていた。初期の作品『ヘンリー八世の六人の妻』、『地底探検』、『アーサー王と円卓の騎士』は世界的に高く評価されている。