マニアの友、コレクターズDVD専門店 monotone です。

\10,000以上お買い上げの方には、送料無料(当社負担)補償付きゆうパックでお届けします
3枚以上お買い上げでも送料無料(当社負担・冊子小包郵便に限る・補償なし)でお届けします!!!
※携帯でもご覧になれます。コチラをクリックして下さい。※                                  
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜

新入荷タイトル

Cheap Trick チープ・トリック/Osaka,Japan 2016 & more
初日大阪公演が、おなじみレーベルより異次元のミラクル・サウンドで登場!

 

Paul Simon ポール・サイモン/London,UK 2016
2016年『STRANGER TO STRANGER』リリースに伴う秋のユーロ・ツアーより、ハイライトとなった11月7&8日と2日連続のロイヤル・アルバート・ホールでのライブを、ハイクオリティー・オーディエンス・マスターより両日コンプリート収録

Mick Jagger ミック・ジャガー/Osaka,Japan 1988
88年ジャパンツアーより、3月15日の大阪城ホール公演をオーディエンス録音で収録!!

Sting スティング/France 2016 & more
2016年11月12日パリ・バタクラン公演を極上サウンドボード&プロショットにて完全収録!!DVDはハイレート・デジタル収録の超高画質/クリップメニュー/チャプター機能付き!!

Alabama Shakes アラバマ・シェイクス/Tokyo,Japan 2016
2016年ジャパンツアーより、12月12日東京初日公演を迫力&臨場感満点の極上級/超高音質にて完全収録!!

ARW Anderson Rabin Wakeman/NY,USA 2016
早くも2017年4月に来日の決まったARW(アンダーソン・ラビン・ウェイクマン)。その予習にもピッタリな超・極上ライヴアルバムが2CDで登場です。

Santana,Journey サンタナ・ジャーニー/CA,USA 2016
ウェストコースト・サウンドの一大イベントを完全収録した第2弾。メイン・アクトの2組SANTANA&JOURNEY編です

Doobie Brothers,Tower of Power,Steve Miller Band/CA,USA 2016
2016年9月4日、その1日限りの豪華フェスで話題となった「SAN FRANCISCO FEST 2016 ON THE GREEN」は、ウエスト・コーストを代表する5バンドが一堂に勢揃いしたもので、そのラインナップは、TOWER OF POWER、THE DOOBIE BROTHERS、STEVE MILLER BAND、SANTANA、そしてJOURNEY。そんな彼らが地元サンフランシスコ、AT&Tパーク”で開いたビッグ・イベント

Ozzy Osbourne オジー・オズボーン/Osaka,Japan 1998
本作は、1998年ジャパンツアーのうち、「1998年2月28日:大阪厚生年金会館」のオーディエンス・アルバムなのです

EL & P Emerson,Lake & Palmer/Switzerland 6.5.1971 Source 2
初期『TARKUS』時代の極上ライヴアルバムが奇跡の新発掘です。“進化するロック”として一世を風靡したプログレッシヴ・ロックですが、数あるバンドの中でもEL&Pは驚異的な演奏力でジャズやクラシックを強引に融合させたグループでした。

Mark Knopfler マーク・ノップラー/London,UK 2011
ボブ・ディランとのジョイント・ツアーが話題の2011年のツアーより、ヨーロッパ・ツアーの千秋楽となった、11月19日〜21日のロンドンはハマースミス・オデオン公演3連続公演を、全てオリジナル・マスターより完全収録。

Yngwie J.Malmsteen インヴェイ・マルムスティーン/GA,USA 2001
2001年「WAR TO END ALL WARS」USツアーより、3月18日のアトランタ公演を、驚異的なまでのダイレクト感を誇る最高レベルの超高音質オーディエンス録音で完全収録

Yes イエス/Tokyo,Japan 2016 3Days IEM ver
近年希に見るほどの“音源異常事態”となった最新YESの来日公演。今週をもって全日程の頂上録音が出揃いましたが、さらにダメ押しとなる極上イヤー・イン・モニター(IEM)アルバムが登場です

Yes イエス/Tokyo,Japan 1988
世界初公開のキニー・カセットの登場です。これまでもさまざまなキニー録音をオリジナル・カセットから復刻して参りましたが、今回はアナログを含めてタイトル化されたことのない発掘品。

Ringo Starr リンゴ・スター/Tokyo,Japan 10.30.2016 IEM Ver.
10月30日東京NHKホールでのライブを、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスし、コンプリート

Led Zeppelin レッド・ツェッペリン/CA,USA 1972 2016 Remaster
“ベストなHOW THE WEST WAS WON”・“これぞ本来のサウンド”と激賞された大傑作が最新・細心リマスターで蘇りました。

Soft Machine ソフト・マシーン/UK 2016
2015年12月ソフト・マシーン・レガシーからソフト・マシーンに名を戻し、新たな活動をスタート。その2016年秋のUKツアーより、11月15日ミルトン・キーンズ公演をデジタル・オーディエンス・レコーディングにて、97分にわたりコンプリート収録

Yes イエス/NY,USA 1991
1991年「UNION TOUR」よりツアー中盤の7月21日ニューヨークはジョーンズ・ビーチ・アンフィシアター公演を、数ある1991年の中でも間違いなくベストと断言できる超高音質オーディエンス録音で約2時間30分に渡って収録

Coldplay コールドプレイ/PA,USA 2016
2015年12月『A Head Full of Dreams』リリース後の長期におけるツアーからのUSツアーより、9月4日フィラデルフィアで開催された「Budweiser Made in America」に出演時の模様を、WEBキャスト・オンエアーからのマスター・クオリティー、プロショット映像

Tedeschi Trucks Band テデスキ・トラックス・バンド/Canada 2016
6月28日カナダ、バンクーバーで開催された「TD Vancouver International Jazz Festival」に出演時の模様を、WEBキャスト・オンエアー・マスターからのプロショット映像にて収録。

Chicago シカゴ/Video Archives 1973-1977
60年代末からこれまで長年に渡りアメリカン・バンドの代表として活動してきた”シカゴ”の映像コレクション第二弾!

Sting スティング/France 2016
17年ぶりにロックへと回帰した新作『57TH & 9TH』を発表したスティング。その最新にして極上のプロショットがリリース決定です

Guns N’ Roses ガンズ・アンド・ローゼス/Tokyo,Japan 1992 LD Ver.
時代の象徴ですらあった大決定オフィシャル映像『USE YOUR ILLUSION 1992 IN TOKYO』。そのレーザー・ディスク版が史上最高峰クオリティで復刻です。

Metallica メタリカ/London,UK 2016
8年ぶりの新作『HARDWIRED... TO SELF-DESTRUCT』が凄い事になっています!
ジャンルマップ

 QRコード

QRコード

monotone -mobile- のQRコードです。※使い方は、ご利用の携帯電話の説明書をお読み下さい※

 お支払い方法

銀行振込、郵便振替、代金引換がご利用いただけます。 


ジャパンネット銀行
みずほ銀行
イーバンク銀行
三菱東京UFJ銀行
以上がご利用になれます。振り込み手数料等については各銀行のHPをご参照下さい。


配達の際、郵便物と引換えに、当社が指定した代金をお客様からお預かりするサービスです。
“入金したのに商品が届かない!”・“お店がどうも信用出来ない…”といった経験をお持ちの方に最適です。送料は多少張りますが、その分安心度が違います。
※料金は、商品代金:???円+送料【手数料(代引き手数料:250円+通常払込手数料:120円)+運賃:???円(冊子小包郵便orゆうパック)】となります。





多彩なお支払い方法が可能な佐川急便:e−コレクトがご利用可能です。
現金・クレジットカード・デビットカード(※銀行などのキャッシュカード)、どれでもお使いいただけます。
クレジットカードご利用時、お支払い方法が従来の一括払いのほかにリボ払いと分割払いを選択いただけます。
(一部一括払いのみの取扱いとなるカードがございます)

   ※※ご注意下さい※※

毎日沢山のご注文を頂戴し誠にありがとうございます。ですが残念な事に、メールアドレスの入力間違い携帯メールの選択受信設定の不備で、当方からの連絡メールを受信されずに音信不通→キャンセルという状況が少なくありません。

・ご注文の際、メールアドレスの入力間違いはないか

・当方からの連絡メールを受信可能にしてあるか
※迷惑メールを気にするあまり、当方からの入金確認メール・発送のご報告メールすら受信してもらえない方も中には…。

・携帯メールのドメイン選択受信指定(@以下)を mo-no-tone.com に設定

以上、今一度ご確認下さい。
※ご注文後、
1〜10分以内にサーバーから自動送信されるメールが届かない場合は、ご記入頂いたメールアドレスが間違っている可能性がございます。

その際はコチラよりお問い合わせ頂くか、コチラより直接ご注文下さい。

あと、ショッピングカートに商品を入れておける時間は、システムの都合上恐らくは20分〜30分、長くても1時間程度です。
あまり長時間ショッピングカートに商品を入れたままですと、せっかくお選びなった商品が全てクリアされてしまいます。
十分にお気を付け下さい。

商品選択に時間が掛かってしまう時は、コチラより一旦メーラーをお開きになり、商品名をコピペしておく事をお薦めします。
もちろんそのままメールにて直接のご注文で結構です。その際、お客様の
“お名前”・“ご住所”・“お電話番号(任意)”・“ご希望の振込先(お支払い方法)”・“ご希望の商品名”をお忘れ無く一緒にご連絡下さい。後ほど折り返し当方より“受注確認メール”を差し上げます。

この度はご来店頂き、本当にありがとうございます。
ではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者紹介お問い合わせカートの中

Fusion

1960年代の後半より、電気楽器やロック風な奏法を取り入れた、新しい演奏スタイルジャズ・ロック、クラシックや現代音楽の要素を取り入れたクロスオーバーを経て、アメリカなどでは1970年代終盤、日本でも同時期から1980年代に入ると、よりソフィスティケイトされたポピュラーな曲想や演奏となった。これを、他のジャンルと融合した音楽としてフュージョンという新たなジャンルで呼ばれた。
カテゴリ一覧
Bob James(4)
1967年頃からミルト・ジャクソン、ポール・デスモンド、ジョージ・ベンソンなどの録音にプレイヤーとして参加し、作曲やアレンジも務め、クロスオーバー期の一躍を担う。1980年代に彼は自身のソロ作や、リチャード・ティー、ウィルバート・ロングマイヤー、カーク・ウェイラムらのプロデューサーとしても活躍し、フュージョンおよびアダルト・コンテンポラリー全盛期の先端 を走る。1990年、リー・リトナー、ネーザン・イースト、ハーヴィー・メイソンとフォープレイを結成し、アルバムを発表した。
Dyno Four
Dyno Four(5)
Dyno Fourとはヴィニー・カリウタ(ds)、グレッグ・マティソン(kb)、エイブラハム・ラボリエル(b)、マイケル・ランドゥ(g)の4人によるプロジェクト。
Jan Garbarek(4)
ジョン・コルトレーンに影響を受けサックスを始めたという事もあり、キャリア初期はフリーキーでアヴァンギャルドな演奏が多数見られる。中期はフリージャズを基調としながらも、耽美的、禁欲的なスタイルが見られるようになる。また、スカンジナビア、インド音楽といったエスニック的な要素を取り入れるようになる。近年のアドリブを極力抑えたミニマルなスタイルである。このスタイルはしばしば、ジャズではなくアンビエント、ニューエイジと揶揄されることもある。
Larry Carlton
Larry Carlton(9)
アメリカカリフォルニア州トーランス出身のジャズ・フュージョン界を代表するギタリストの一人。6歳の頃からギターを始め、ハイスクール時代にはブルース・ギタリストであるB.B.キングやジャズ・サックス奏者のジョン・コルトレーンに影響を受け、ジャズを演奏し始める。スリム・エドワーズやジョー・パスに師事を受けた。ラリー・カールトンはギブソン社のES-335を使用していることでよく知られており、'Mr.335'というニックネームをつけられている。
Lee Ritenour
Lee Ritenour(5)
カリフォルニア州ハリウッド生まれ。フュージョン全盛期を支えたギタリストを代表する一人である。6歳よりギターを始め、ウェス・モンゴメリーに大きく影響される。高校時代にセミプロとして活躍し、1970年代よりスタジオミュージシャンとして活躍し始める。ブラジリアン・リズムに影響され、自身のアルバムに取り入れられている物が多い。代表作に「Captain Fingers」が挙げられる。このアルバムによりリトナーはキャプテン・フィンガーの愛称で親しまれるようになる。
Level 42(3)
英国出身のフュージョン・ポップ・ファンクバンド。シャカタクと並んで、英国を代表するファンク・フュージョン・バンドである。代表曲"Something about you", "Lessons in love"は米国でもチャートインするまでのビッグヒットとなった。メンバーはリーダーのマーク・キング(ベース,メインボーカル)、マイク・リンダップ(キーボード,ボーカル)、フィリップ・グールド(ドラムス)、ブーン・グールド(ギター,コーラス)。
Pat Metheny
1954年8月12日、カンサス・シティ、リーズ・サミット生まれ。13歳でギターを独学で始める。1972年ゲイリー・バートンのコンサートの際、メセニーは彼の楽屋に行き、自身の演奏を披露しバートンのグループの加入を願う。バートンはメセニーの実力を認め、彼の推薦で18歳でバークリー音楽大学の講師を務めた。1974年、ゲイリー・バートンの『リング』でレコーディング・デビュー。
Return To Forever
1970年代に活躍したアメリカ合衆国のフュージョン・バンド。チック・コリア(キーボード)とスタンリー・クラーク(ベース)を中心に結成された。音楽的には、ラテン音楽から影響を受けた第1期、ギタリストを入れてロック色を強めた第2期、大編成のホーン・セクションを加えた第3期に大別できる。前回の再結成から二十数年を経た2007年12月には2008年の再々結成が正式にアナウンスされた。
Spyro Gyra(4)
アメリカ東海岸を代表する長寿フュージョン・バンド。くすんだ温かい音色/優しくメロディアスなフレーズのジェフ・ベッケンスタイン(sax)を殿様とするなら、参謀は長年の友人である作編曲家/プロデューサーのジェレミー・ウォール、将軍にヴィブラフォン/マリンバ奏者のデイヴ・サミュエル(現在はレコーディングのみ参加)と、キーボード奏者のトム・シューマンという布陣で、今日まで高い人気/実力を誇っている。
Steely Dan(15)
ロックやポップスを基調としながら、ジャズ的な代理コードや意表をつくコード進行で曲にひねりを加え、一流のスタジオ・ミュージシャンを駆使した高度なアンサンブルを構築、その独特の音世界は内外のミュージシャン、音楽制作者に多大な影響を与えた。テクニカルな面が強調されがちだが、1950年代のジャズやリズム・アンド・ブルースが持つフィーリングを重視しており、ドナルド・フェイゲンの個性的な歌声と奇妙で小説的な難解な歌詞との取り合わせもまた、スティーリー・ダンの個性を際立たせる非常に重要な要素となっている。
Steve Gadd(3)
マーチングバンド、ドラムコーで培われてきたスネアドラムの奏法、パラディドルやオープンロールといったルーディメンツプレイをドラムセットの演奏に多く持ち込むスタイルが特徴(ガッド・スタイル)。これを正確に演奏するので同時代のドラマーの尊敬を集め、Gadd を God とかけて「神様」と呼ばれたりした。正確なその演奏を、教則本のような、機械のような、と評する人達もいる。卓越したテクニック、天才(的な技術)、とも評される。グルーヴ感のある部分も評価されている。
Tony Williams(4)
アラン・ドーソン、サム・リヴァースに師事したのち、1962年にジャッキー・マクリーンのグループに参加するため、ニューヨークに移る。翌年1963年にはマイルス・デイヴィスのいわゆる「黄金のクインテット」のメンバーに抜擢され、1969年まで在籍。以後、ロックへの傾倒からジョン・マクラフリン、ラリー・ヤングと自身のグループライフタイムを結成したほか、ハービー・ハンコックとのプロジェクト「V.S.O.P.クインテット」に参加し人気を博す。
Weather Report
マイルス・デイヴィスの元で活躍していたジョー・ザヴィヌル(キーボード)、ウェイン・ショーター(サックス)の二人により1971年に結成された。ミロスラフ・ビトウス(ベース)を加え、デビューアルバム「ウェザー・リポート」を発表、混迷していたジャズ・シーンに大きな影響を与えた。1976年にジャコ・パストリアス(ベース)が参加し、バンドは頂点を迎えた。
Guitar
ギタリスト (Guitarist) は、ギターを演奏するミュージシャンの事。ギタープレイヤーと呼ぶこともある。バンドにおいては目立つポジションであり、多くの人がギタリストを希望するため、バンドのメンバー募集では比較的集めやすい。
keyboard(3)
ピアノと違い軽く、コンパクトなのでマルチ・キーボードという、キーボード独特の演奏形体が存在する。これはキーボーディストの周囲に複数のキーボードを配置し楽曲のパターンによって演奏するキーボードを換える奏法のことである。キーボード自体の胴体が薄いため、キーボードの鍵盤部分を段々式にずらして重ねていけば、一方に上下2台から上中下3台以上のキーボードを配置することができる。キーボードが重宝される理由の1つとして「音の厚み」がある。
Other(3)
1960年代の後半より、電気楽器やロック風な奏法を取り入れた、新しい演奏スタイルジャズ・ロック、クラシックや現代音楽の要素を取り入れたクロスオーバーを経て、アメリカなどでは1970年代終盤、日本でも同時期から1980年代に入ると、よりソフィスティケイトされたポピュラーな曲想や演奏となった。これを、他のジャンルと融合した音楽としてフュージョンという新たなジャンルで呼ばれた。