マニアの友、コレクターズDVD専門店 monotone です。

\10,000以上お買い上げの方には、送料無料(当社負担)補償付きゆうパックでお届けします
3枚以上お買い上げでも送料無料(当社負担・冊子小包郵便に限る・補償なし)でお届けします!!!
※携帯でもご覧になれます。コチラをクリックして下さい。※                                  
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜

新入荷タイトル

Cheap Trick チープ・トリック/Osaka,Japan 2016 & more
初日大阪公演が、おなじみレーベルより異次元のミラクル・サウンドで登場!

 

Paul Simon ポール・サイモン/London,UK 2016
2016年『STRANGER TO STRANGER』リリースに伴う秋のユーロ・ツアーより、ハイライトとなった11月7&8日と2日連続のロイヤル・アルバート・ホールでのライブを、ハイクオリティー・オーディエンス・マスターより両日コンプリート収録

Mick Jagger ミック・ジャガー/Osaka,Japan 1988
88年ジャパンツアーより、3月15日の大阪城ホール公演をオーディエンス録音で収録!!

Sting スティング/France 2016 & more
2016年11月12日パリ・バタクラン公演を極上サウンドボード&プロショットにて完全収録!!DVDはハイレート・デジタル収録の超高画質/クリップメニュー/チャプター機能付き!!

Alabama Shakes アラバマ・シェイクス/Tokyo,Japan 2016
2016年ジャパンツアーより、12月12日東京初日公演を迫力&臨場感満点の極上級/超高音質にて完全収録!!

ARW Anderson Rabin Wakeman/NY,USA 2016
早くも2017年4月に来日の決まったARW(アンダーソン・ラビン・ウェイクマン)。その予習にもピッタリな超・極上ライヴアルバムが2CDで登場です。

Santana,Journey サンタナ・ジャーニー/CA,USA 2016
ウェストコースト・サウンドの一大イベントを完全収録した第2弾。メイン・アクトの2組SANTANA&JOURNEY編です

Doobie Brothers,Tower of Power,Steve Miller Band/CA,USA 2016
2016年9月4日、その1日限りの豪華フェスで話題となった「SAN FRANCISCO FEST 2016 ON THE GREEN」は、ウエスト・コーストを代表する5バンドが一堂に勢揃いしたもので、そのラインナップは、TOWER OF POWER、THE DOOBIE BROTHERS、STEVE MILLER BAND、SANTANA、そしてJOURNEY。そんな彼らが地元サンフランシスコ、AT&Tパーク”で開いたビッグ・イベント

Ozzy Osbourne オジー・オズボーン/Osaka,Japan 1998
本作は、1998年ジャパンツアーのうち、「1998年2月28日:大阪厚生年金会館」のオーディエンス・アルバムなのです

EL & P Emerson,Lake & Palmer/Switzerland 6.5.1971 Source 2
初期『TARKUS』時代の極上ライヴアルバムが奇跡の新発掘です。“進化するロック”として一世を風靡したプログレッシヴ・ロックですが、数あるバンドの中でもEL&Pは驚異的な演奏力でジャズやクラシックを強引に融合させたグループでした。

Mark Knopfler マーク・ノップラー/London,UK 2011
ボブ・ディランとのジョイント・ツアーが話題の2011年のツアーより、ヨーロッパ・ツアーの千秋楽となった、11月19日〜21日のロンドンはハマースミス・オデオン公演3連続公演を、全てオリジナル・マスターより完全収録。

Yngwie J.Malmsteen インヴェイ・マルムスティーン/GA,USA 2001
2001年「WAR TO END ALL WARS」USツアーより、3月18日のアトランタ公演を、驚異的なまでのダイレクト感を誇る最高レベルの超高音質オーディエンス録音で完全収録

Yes イエス/Tokyo,Japan 2016 3Days IEM ver
近年希に見るほどの“音源異常事態”となった最新YESの来日公演。今週をもって全日程の頂上録音が出揃いましたが、さらにダメ押しとなる極上イヤー・イン・モニター(IEM)アルバムが登場です

Yes イエス/Tokyo,Japan 1988
世界初公開のキニー・カセットの登場です。これまでもさまざまなキニー録音をオリジナル・カセットから復刻して参りましたが、今回はアナログを含めてタイトル化されたことのない発掘品。

Ringo Starr リンゴ・スター/Tokyo,Japan 10.30.2016 IEM Ver.
10月30日東京NHKホールでのライブを、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスし、コンプリート

Led Zeppelin レッド・ツェッペリン/CA,USA 1972 2016 Remaster
“ベストなHOW THE WEST WAS WON”・“これぞ本来のサウンド”と激賞された大傑作が最新・細心リマスターで蘇りました。

Soft Machine ソフト・マシーン/UK 2016
2015年12月ソフト・マシーン・レガシーからソフト・マシーンに名を戻し、新たな活動をスタート。その2016年秋のUKツアーより、11月15日ミルトン・キーンズ公演をデジタル・オーディエンス・レコーディングにて、97分にわたりコンプリート収録

Yes イエス/NY,USA 1991
1991年「UNION TOUR」よりツアー中盤の7月21日ニューヨークはジョーンズ・ビーチ・アンフィシアター公演を、数ある1991年の中でも間違いなくベストと断言できる超高音質オーディエンス録音で約2時間30分に渡って収録

Coldplay コールドプレイ/PA,USA 2016
2015年12月『A Head Full of Dreams』リリース後の長期におけるツアーからのUSツアーより、9月4日フィラデルフィアで開催された「Budweiser Made in America」に出演時の模様を、WEBキャスト・オンエアーからのマスター・クオリティー、プロショット映像

Tedeschi Trucks Band テデスキ・トラックス・バンド/Canada 2016
6月28日カナダ、バンクーバーで開催された「TD Vancouver International Jazz Festival」に出演時の模様を、WEBキャスト・オンエアー・マスターからのプロショット映像にて収録。

Chicago シカゴ/Video Archives 1973-1977
60年代末からこれまで長年に渡りアメリカン・バンドの代表として活動してきた”シカゴ”の映像コレクション第二弾!

Sting スティング/France 2016
17年ぶりにロックへと回帰した新作『57TH & 9TH』を発表したスティング。その最新にして極上のプロショットがリリース決定です

Guns N’ Roses ガンズ・アンド・ローゼス/Tokyo,Japan 1992 LD Ver.
時代の象徴ですらあった大決定オフィシャル映像『USE YOUR ILLUSION 1992 IN TOKYO』。そのレーザー・ディスク版が史上最高峰クオリティで復刻です。

Metallica メタリカ/London,UK 2016
8年ぶりの新作『HARDWIRED... TO SELF-DESTRUCT』が凄い事になっています!
ジャンルマップ

 QRコード

QRコード

monotone -mobile- のQRコードです。※使い方は、ご利用の携帯電話の説明書をお読み下さい※

 お支払い方法

銀行振込、郵便振替、代金引換がご利用いただけます。 


ジャパンネット銀行
みずほ銀行
イーバンク銀行
三菱東京UFJ銀行
以上がご利用になれます。振り込み手数料等については各銀行のHPをご参照下さい。


配達の際、郵便物と引換えに、当社が指定した代金をお客様からお預かりするサービスです。
“入金したのに商品が届かない!”・“お店がどうも信用出来ない…”といった経験をお持ちの方に最適です。送料は多少張りますが、その分安心度が違います。
※料金は、商品代金:???円+送料【手数料(代引き手数料:250円+通常払込手数料:120円)+運賃:???円(冊子小包郵便orゆうパック)】となります。





多彩なお支払い方法が可能な佐川急便:e−コレクトがご利用可能です。
現金・クレジットカード・デビットカード(※銀行などのキャッシュカード)、どれでもお使いいただけます。
クレジットカードご利用時、お支払い方法が従来の一括払いのほかにリボ払いと分割払いを選択いただけます。
(一部一括払いのみの取扱いとなるカードがございます)

   ※※ご注意下さい※※

毎日沢山のご注文を頂戴し誠にありがとうございます。ですが残念な事に、メールアドレスの入力間違い携帯メールの選択受信設定の不備で、当方からの連絡メールを受信されずに音信不通→キャンセルという状況が少なくありません。

・ご注文の際、メールアドレスの入力間違いはないか

・当方からの連絡メールを受信可能にしてあるか
※迷惑メールを気にするあまり、当方からの入金確認メール・発送のご報告メールすら受信してもらえない方も中には…。

・携帯メールのドメイン選択受信指定(@以下)を mo-no-tone.com に設定

以上、今一度ご確認下さい。
※ご注文後、
1〜10分以内にサーバーから自動送信されるメールが届かない場合は、ご記入頂いたメールアドレスが間違っている可能性がございます。

その際はコチラよりお問い合わせ頂くか、コチラより直接ご注文下さい。

あと、ショッピングカートに商品を入れておける時間は、システムの都合上恐らくは20分〜30分、長くても1時間程度です。
あまり長時間ショッピングカートに商品を入れたままですと、せっかくお選びなった商品が全てクリアされてしまいます。
十分にお気を付け下さい。

商品選択に時間が掛かってしまう時は、コチラより一旦メーラーをお開きになり、商品名をコピペしておく事をお薦めします。
もちろんそのままメールにて直接のご注文で結構です。その際、お客様の
“お名前”・“ご住所”・“お電話番号(任意)”・“ご希望の振込先(お支払い方法)”・“ご希望の商品名”をお忘れ無く一緒にご連絡下さい。後ほど折り返し当方より“受注確認メール”を差し上げます。

この度はご来店頂き、本当にありがとうございます。
ではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者紹介お問い合わせカートの中

DVD

カテゴリ一覧
Jazz・Fusion
二〇世紀初頭アメリカのニューオーリーンズに発祥したポピュラー音楽。アメリカ黒人の民俗音楽とヨーロッパ音楽の融合によって成立。四拍子の第二、四拍にアクセントをおく躍動的なオフ-ビートのリズム、即興的演奏などを基本的特徴とするが、演奏形態も手法・スタイルも今日では伝統的なものから前衛的なものまで非常に多様化している。
Progressive Rock
ロックの表現方法が多様化する流れのなか、それまでのシングル用の曲作りから大幅に踏み出した製作姿勢をもつバンドを総称した呼び方である。ロックというジャンルにとらわれることなく、他ジャンルの影響を反映した、前衛的あるいは先進的(プログレッシブ)・実験的な音楽といえる。クラシックやジャズなど、その音楽のアプローチや演奏法にとどまらず、精神までも取り込もうとしていた。
Alternative Rock
1990年代初頭より一般化し、ロック音楽の潮流を大きく塗り替え、メジャーシーンでの形骸化が進みつつもその影響は現在まで続いている。ムーブメント全体の傾向としては、極端に産業・芸能化しておらず、アートとしての挑戦心を内包していた1970年代以前のロックへの、思想的かつ音楽的な参照(時に回帰・昇華)を志向しており、直接の起源を1980年代のアンダーグラウンド・インディーシーンに置く。
Blue-Eyed Soul
黒人の演奏に憧れて白人がソウルミュージックをやることに、最初は黒人の間にも白人の間にも揶揄する声があった。ブルー・アイド・ソウルという言葉には、軽蔑や自嘲の響きがあったのだが、今日、そのジャンルであると目されるアーティスト達の音楽は、立派に魅力を放っている。黄色人種がやるソウルミュージックも、イエロー・スキンド・ソウルとでも称して胸を張っていこう、という動きもある。
Blues Rock
原点はB.B.キングやマディ・ウォーターズ、エルモア・ジェームスらブルースメンの奏でるギターブルースであり、その模倣から始まった。よってエレクトリックギターがバンドの主役となり、歌よりも即興による演奏を長々と聴かせることを主眼としている。スタジオ録音作品を聴くとエレクトリックギターの力強くも繊細な響きを聴かせるというイメージが強いが、実際のライブでは爆音ともいえる大音量で熱狂的な演奏を繰り広げていた。
Brass Rock
ロックのアレンジを基調とし、ジャズの要素を加味してトランペットやトロンボーンなどの金管楽器(ブラス)を前面に押し出した音楽性が特徴。1960年代後半から1970年代前半に流行した。代表的なアーティストとしてシカゴ、ブラッド・スウェット&ティアーズ、チェイスが挙げられる。ビッグバンドのような迫力と即興演奏の妙味はロックの世界に新しい要素を持ち込み、彼らの音楽はブラス・ロックと呼ばれた。
British Beat
1960年代中盤、ザ・ビートルズ、ローリング・ストーンズに代表されるイギリスのロック・バンドがアメリカで巻き起こした旋風をブリティッシュ・インヴェイジョン(第1次ブリティッシュ・インヴェイジョン)という。その他の主なアーティストとして、キンクス、ザ・フー、ハーマンズ・ハーミッツ、デイブ・クラーク・ファイブ、アニマルズなどの名前が挙げられる。
Brithsh・Europe
アメリカで1950年代に黒人音楽と白人音楽の融合により生まれたポピュラー音楽のジャンルである。ジャズ、R&Bと共に世界中に広まったアメリカ発の音楽であり、世界中の音楽シーンに衝撃を与えただけでなく、その影響はポップカルチャー全体に及び、その社会的インパクトは極めて強かった。
Gram Rock
1970年代前半に流行したスタイル。一概には言えないが、男性でも濃い(ときには装飾的な)メイクを施し、きらびやかな(あるいはけばけばしい)衣装をまとうのが特徴である。影響を受けたローリング・ストーンズも当時は濃いメイクをしていた。ヴィジュアル面では80年代前半に起こったニューロマンティックやLAメタル、日本のヴィジュアル系の先駆けとなったという見方もあるが、音楽的にはむしろその直後のパンク・ロックへの影響が大きい。
Latin Rock
ラテン・ロックとは、アフロ・キューバン・リズムにロックやブルースなんかをねじ込んで生まれたミクスチャー音楽。その雛形を作ったのがご存じ、カルロス・サンタナ率いるサンタナ。とにかく彼らが放つホットな音楽が強烈かつ新鮮で、60年代後半から70年代初頭にかけて、彼らの後を追うように、アメリカ西海岸のチカーノ系(メキシコ系アメリカ人)ミュージシャンたちによるラテン・ロック・バンドが登場し、このスタイルを流行らせた。
Psychedelic Rock
主に1960年代後半に制作されたサイケデリック文化の要素を持つロックや、それを演奏したバンドを分類する言葉。LSDによってもたらされた幻覚や体験を反映させようとしたロック音楽(聴覚芸術)であり、イラストレーターのピーター・マックスらが視覚分野で行ったサイケデリック・アートに対応する。ライブ会場における極彩色の模様のスライド映写などの印象が強烈だったため、音楽とは無関係な部分で語られることが多い。
Pop Rock
ギターを基礎にした曲に軽い歌詞を乗せた、キャッチーでポップなスタイルを用いる、ポップ・ミュージックとロックの合成物を指す。「ポップ・ロック」にはいろいろな定義があり、「アップビートな類のロック」をポップ・ロックのサブジャンルとして分類する意見もある。。または「エルトン・ジョン、ポール・マッカートニー、ロッド・スチュワート、ピーター・フランプトンといったアーティストたちによって表現されたアップビートな類のロック」
Rockabilly
黒人音楽のロックンロールと白人音楽のヒルビリーが融合して生まれた。1950年代当時のロカビリーをピュアロカビリー(Pure Rockabilly)と呼ぶ。そして1970年代のパンクなど他のジャンルに影響を受けて1980年代に登場した新生ロカビリーをネオロカビリー(Neo Rockabilly)と呼ぶ。 ロカビリーに欠かせない音楽的特徴として「スラッピングベース」奏法などが挙げられる。
Singer-Songwriter
基本的に自ら歌う歌の、作詞、作曲(歌手によっては、編曲も自ら行う事もある)を自分で行う歌手を指す。しかし、作詞と作曲のうち、作曲のみしかしていない場合でも、一般的にはシンガーソングライターというのに対し、作詞のみしかしていない場合には、シンガーソングライターとは言わないことが多い。また、自作をしていても、自演曲の中で自作曲の割合が小さい場合には、通常シンガーソングライターとはいわない
Southern Rock
カントリー、ヒルビリー、ブルースなど、アメリカ南部の土(泥)臭い音楽を前面に押し出したロック。60年代から80年代にかけて、ロック・ミュージックがさまざまに細分化していく過程で出来たカテゴリーの一つ。サザン・ロックの中で、もう少し泥臭さを強調したものは、別にスワンプ・ロックと呼ばれたりもする。
West Coast Rock
『ウエストコースト・ロック』という言葉を聞いてイメージする音楽性やアーティストは、みなさんがこれまでどんな音楽に親しんで来たかによってそれぞれ異なることでしょう。このホームページで取り上げようとしている『ウエストコーストロック』とは、1960年代から1970年代中盤にかけてロサンゼルスから発信されたロック・ミュージックのことです。
Folk・Country
カントリーミュージックは、アメリカ人の心の故郷ともいうべきサウンドであり、そのルーツは伝統的なフォーク・ミュージックとアパラチア中西部発祥の民謡風サウンドにある。 失った恋への募る思い、喪失感、さらなる喪失感……といった切ない内容の歌詞と、聴けばすぐにわかる独特の鼻にかかった歌唱法が特徴だ。
Hard Rock
ロックの一形態。ブルーズを基調とする激しいロックを指す。歪んだ音のエレクトリック・ギターを強調したサウンド形態が特徴。起源は曖昧であるが、1960年代後期にはほぼ確立したジャンルと言える。「ディープ・パープル」や「AC/DC」などが典型的なスタイルとされる。なお、「ヘヴィメタル」との境界については、明確な定義がなく曖昧である。サウンド特徴を演出するに主役の座に着きやすいのはエレクトリック・ギターである。その為エレクトリック・ギター中心のバンド構成になりがちな傾向がある。
Heavy Metal
Loud Rock
音楽的な特徴としてはヘヴィ・メタルの流れを汲むものでありながらテクニカルな要素を抑えたシンプルなものである。ラップ、デスボイスなどをとりこんだより幅の広いボーカルスタイルや、チューンダウンしたギターによる重苦しいリフ、エフェクターの多用、サンプラーやターンテーブルの導入などによる複雑化された音像、ミドルテンポで16分音符のシンコペーションを聞かせたグルーブ感のあるリズムなど、それまでのヘヴィメタルにとらわれない様々なアイディアが導入されている。
Punk
1970年代中頃、体制化したロック音楽の批判として、ロンドンにはじまった音楽。社会通念や道徳に対する攻撃的な姿勢、やり場のない怒りを表現する。
New Wave
ニュー・ウェイヴという言葉は、1977年8月ごろに英メロディ・メーカー紙が、XTCやスクィーズなどを紹介する記事の中ではじめて使ったと言われている。日本ではイエロー・マジック・オーケストラの影響が大きく、ニュー・ウェイヴ=テクノポップという印象が強い。また当時、アンダーグラウンドのパンクバンドたち(東京ロッカーズなど)がニュー・ウェイヴとして紹介されたこともある。当時人気のあったアダム・アンド・ジ・アンツ、デュラン・デュランなどは、ニュー・ロマンティクス、フューチャリストと呼ばれた。
Pops
ジャズ・ロック・ハワイアン・シャンソン・カンツォーネなど、クラシック音楽以外の大衆音楽の総称。軽音楽。ポピュラー音楽。
Soul
1950年代から1960年代の初期にかけて、アメリカにおいてアフリカ系アメリカ人のゴスペルとブルースから発展しできた音楽の体系である。時が経つにつれて、R&Bが広範囲にわたって発展・拡大したスタイルをさしてソウル・ミュージックと呼ばれるようになった。このため、R&Bとのはっきりとした区別は存在せず、一般的な音楽のジャンル分けとして ソウル/R&B などのように同一のものとして扱われることが多い。
Blues
米国深南部でアフリカ系アメリカ人の間から発生した音楽のひとつ、またはその楽式。19世紀後半頃に米国深南部で黒人霊歌、フィールドハラー(労働歌)などから発展したものと言われている。アコースティック・ギターの弾き語りを基本としたデルタ・ブルース、バンド形式に発展したシカゴ・ブルース、ロックと融合したブルース・ロックなど、時を経て多様な展開をしている。
Rap・Hip Hop
1970年代のアメリカ合衆国ニューヨークで、アフロ・アメリカンやカリビアン・アメリカン、ヒスパニック系のコミュニティによって行われていたブロックパーティーから生まれた文化、またはサブカルチャー。アフリカ・バンバータによる造語であり、「アフロ・アメリカンが、それ以外の文化(音楽、ファッション、アート)を取り入れ、新しいスタイルを生み出すこと」をヒップホップと呼称したのが始まりである。
Brazil
ブラジル音楽とは、狭義ではショーロやサンバ、ボサノヴァ、ノルデスチなどを指し、広義では北米などのロックやポップスの要素を取り入れたブラジルにおける音楽も指す場合がある。サウダージほか独特のロマンティックな世界感、高度で重層的なリズムやアンティシペーションの多用などに特徴を持っている。ブラジルは、白人、黒人、黄色人と様々な民族文化が混在する文化的背景を基に、ヨーロッパ、アフリカ、インディオなどの伝統音楽の融合がもたらした、世界に類例も稀な多元的な音世界を構築している。
Reggae
ジャマイカの首都キングストンに発し,1970 年代に世界的に広まったポピュラー音楽。リズム-アンド-ブルースの影響を受け,偶数拍にアクセントのあるリズム-パターンが特徴。後に,ダブ,ダンスホール-レゲエなどのジャンルを生み出しながら,世界中のポップ-ミュージックに影響を与えた。
Spanish
ギターの分野では1960年代末に登場したパコ・デ・ルシアが最も重要な革新者とされる。フラメンコの演奏家として出発したギタリストであるパコ・デ・ルシアがジャズやクラシック・ギターの要素を大胆に取り入れ、ギターの奏法に革命的な変化をもたらす。彼の奏法には賛否両論あるが、ビセンテ・アミーゴやトマティートなどその系譜を嗣ぐ若手・中堅のギタリストは現在非常に多い。
French Pop
1960年代後半から70年代前半にかけて流行した、いわゆる「イエイエ」(Ye-ye)と称される音楽が中心となって構成されている。ライナーノーツの解説などに於いては、多くの場合、シルヴィ・ヴァルタン、フランス・ギャル、エルザ、ミッシェル・ポルナレフなどが、その代表例として挙げられている。「フレンチ・ポップス」という言葉は、通常、フランスでは通用しない
World Music(2)
クラシック音楽・ポピュラー音楽(ジャズ、ロック、etc)のように、世界的に広く愛聴されている音楽に対して、地域(あるいは民族)的に愛聴されているが、世界的に愛好者・演奏者が広まっているわけでもない多くの音楽を総称して指す言葉である。特定の音楽のジャンルを指す言葉ではない。
Various Artist(57)