マニアの友、コレクターズDVD専門店 monotone です。

\10,000以上お買い上げの方には、送料無料(当社負担)補償付きゆうパックでお届けします
☆5000円以上お買い上げでも送料無料(当社負担・冊子小包郵便に限る・補償なし)でお届けします!!!
※携帯でもご覧になれます。コチラをクリックして下さい。※                                  
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜

新入荷タイトル

Helloween ハロウィン/Osaka,Japan 2018 IEM Matrix Ver
2018年「PUMPKINS UNITED」ジャパン・ツアーから、その3日目となる3月21日、ZEPP大阪ベイサイド公演を、ベスト・クオリティーの音と映像でカップリングしたタイトルがここに

 

Gizmodrome ギズモドローム/Tokyo,Japan 2018
2018年初来日公演より、大阪・東京で一夜づつかぎりとなった中の4月9日、東京・オーチャードホール公演を、サウンドボード同等クオリティーにて、当日の模様をコンプリート収録。

Def Leppard デフ・レパード/LOndon,UK 2018
2018年3月25日、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで例年開催されるチャリティ・イベント「TEENAGE CANCER TRUST 2018」に出演時の模様を、ハイクオリティー・オーディエンス・レコーディングにて、123分にわたりコンプリート収録。

Judas Priest ジューダス・プリースト/CT,USA 2018
新作『FIREPOWER』も大好評の中始まったワールドツアー。その最新・極上ライヴアルバムが登場です。

Deep Purple ディープ・パープル/UK 5.15.1974
新たな才能を迎え、より芳醇になった第3期DEEP PURPLE。その貴重な長尺ライヴアルバムが2CDで登場です。本作に収められているのは「1974年5月15日マンチェスター公演」。

Steve Hackett スティーヴ・ハケット/Kanagawa,Japan 4.7.2018
「TEENAGE CA2018年2年ぶりの来日はクラブチッタ川崎での2公演のみとなった中、その初日となる4月7日の模様を、デジタル・レコーディングによるオリジナル・オーディエンス・マスターから、2時間35分にわたりコンプリート収録。NCER TRUST 2018」に出演時の模様を、ハイクオリティー・オーディエンス・レコーディングにて、123分にわたりコンプリート収録。

Pink Floyd ピンク・フロイド/UK 1.18.1970 Upgrade
ピンク・フロイド1970年初頭の重要音源が、飛躍的にグレードアップした音質で遂に登場です!!

Pink Floyd ピンク・フロイド/London,UK 4.14.1969 2 Recorder & more
フロイド・ファンにとって重要かつ、その実験的パフォーマンスで資料的価値も高いことで知られる、1969年4月14日のロンドン・フェスティバル・ホール公演を、貴重な2種類の音源と映像にて収録した決定盤がここに。

Morrissey モリッシー/London,UK 2018
2017年、3年ぶりののアルバム『LOW IN HIGH SCHOOL』リリースに伴う2018年UKツアーより、3月10日ロンドン、パラディアム・シアターでのライブを、オリジナルDATマスターから、96分にわたりコンプリート収録。

Sheryl Crow シェリル・クロウ/Germany 2008 & more
2008年ヨーロッパ・ツアーより7月1日ハンブルグ公演と7月6日のルカ・フェスティバル公演を、どちらも最良のラジオ音源マスターよりオフィシャル・クオリティー、ステレオ・サウンドボード録音で収録

Bob Dylan ボブ・ディラン/Spain 3.30.2018
2018年なんとフジロック出演も決まりその来日公演に期待も高まる中、3月からはヨーロッパ・ツアーもスタート。 そのうち3月のスペイン6公演から、30日バルセロナでのライブを、デジタル・オーディエンス・レコーディングにて、107分にわたりコンプリート収録

Beatles ビートルズ/Early U.K. 1963 Live Collection
1963年リバプールのエンパイア劇場での伝説のライブをメインとし、デビュー当時の貴重なライブなどを、2018年の新発掘音源や最新リマスターにより、音と映像で収録したコレクターズ・エディションがここに。

Beatles ビートルズ/SGTPepper’s... New Remix and 5.1 Extractions Collection
ビートルズのレア音源の中から、特に秀逸な音源をまとめた、2018年海外編集コンピレーション・アイテムの傑作タイトルがまたひとつここに。

Sabaton,Amon Amarth サバトン アモン・アマース/Osaka,Japan 2018
ヴァイキング・メタルの雄"アモン・アマース"をサポートに従え行われた2018年待望の単独ジャパンツアーより、遂に上陸は果たした3月31日初大阪公演をド迫力&臨場感満点の極上級/超高音質にて完全収録!!

Korn,Deadly Apples コーン/Osaka,Japan 2018 & more
ラウド・ミュージック・シーン最大のモンスター・バンド、コーンが、アルバム「ザ・セレニティー・オブ・サファリング」を装備し3年振りに来日!!その2018年3月28日大阪公演を、ド迫力&臨場感満点の極上級/超高音質にて完全収録!!

Beatles ビートルズ/At the Beeb 1962-1963 Vol.1
本作、コンプリート・BBC・テープスではその収録内容において、より綿密な推敲や作業を施し、考え得る最大のアップグレード、従来より長い収録タイムといった事項に重点を置き、 ライブ演奏が披露された当時のオリジナル放送を中心にオンエア順に出来る限り最良の状態で復元し収録しようと試みたものである

Paul McCartney ポール・マッカートニー/FL,USA 2017 & more IEM Matrix Ver
2017年ONE ON ONEツアー夏の北米レグより、7/10にフロリダ州タンパのアマリー・アリーナでおこなわれたライヴを、ステレオ・サウンドボード音源と同等の極上ミラクル・サウンドで完全収録!ONE ON ONEツアーのタンパ公演、世界初登場となる珠玉のオリジナル・マスターを使用した決定版タイトルであります!

Prince プリンス/MI,USA 1986 & more
86年6月7日プリンス28才のバースデイ・コンサートとして行われたデトロイト公演が待望の最新リマスターCD&DVDスペシャル・エディションとして新たに登場!

George Harrison ジョージ・ハリソン/All Thing Must Pass Collector’s Edition
2018年、ジョージ生誕75周年記として『オール・シングス・マスト・パスの、CD+DVDによるアニバーサリー・エディションがここに

Michael Schenker Fest マイケル・シェンカー/North America Tour Collection
3月9日ボストンから26日アリゾナ、テンピ公演までの12公演からの、ベスト・クオリティーの各種オーディエンス映像をコンパイルし、セットリスト順に収録。

Journey ジャーニー/LA,USA 2017 & more
2017年アメリカの西海岸と東部にて、クラシック・ロックの祭典「The Classic」が開催されることが決定し、イーグルス、スティーリー・ダン、ドゥービー・ブラザーズ、フリートウッド・マック、そしてE.W&Fなどが出演することが発表された中、ジャーニーの出演も話題となることに。そして2週にわたり行われたライブの、7月16&30日の2公演をいずれも、モバイルも含む各種オーディエンス映像

Helloween ハロウィン/Japan Tour 2018 Collection

2018ついに日本でも実現した2018年「PUMPKINS UNITED WORLD TOUR」ジャパン・ツアーより、、その各地での模様を、モバイルも含む各種オーディエンス映像にてコンパイル。

Pink Floyd ピンク・フロイド/CA,USA 1970 Remastered Stereo & mono Mix and Longer & Corrected Tracks
未公開シーン解禁!!公式版にも収録されたあの1970年" KQED "フィルム映像が48年の年月を超え、遂に完全版で登場です!!!

Red Hot Chili Peppers レッド・ホット・チリペッパーズ/Lollapalooza South America Collection 2018
話題沸騰の南米版LOLLAPALOOZA。その完全収録プロショットが登場です
ジャンルマップ

 QRコード

QRコード

monotone -mobile- のQRコードです。※使い方は、ご利用の携帯電話の説明書をお読み下さい※

 お支払い方法

銀行振込、郵便振替、代金引換がご利用いただけます。 


ジャパンネット銀行
みずほ銀行
イーバンク銀行
三菱東京UFJ銀行
以上がご利用になれます。振り込み手数料等については各銀行のHPをご参照下さい。


配達の際、郵便物と引換えに、当社が指定した代金をお客様からお預かりするサービスです。
“入金したのに商品が届かない!”・“お店がどうも信用出来ない…”といった経験をお持ちの方に最適です。送料は多少張りますが、その分安心度が違います。
※料金は、商品代金:???円+送料【手数料(代引き手数料:250円+通常払込手数料:120円)+運賃:???円(冊子小包郵便orゆうパック)】となります。





多彩なお支払い方法が可能な佐川急便:e−コレクトがご利用可能です。
現金・クレジットカード・デビットカード(※銀行などのキャッシュカード)、どれでもお使いいただけます。
クレジットカードご利用時、お支払い方法が従来の一括払いのほかにリボ払いと分割払いを選択いただけます。
(一部一括払いのみの取扱いとなるカードがございます)

   ※※ご注意下さい※※

毎日沢山のご注文を頂戴し誠にありがとうございます。ですが残念な事に、メールアドレスの入力間違い携帯メールの選択受信設定の不備で、当方からの連絡メールを受信されずに音信不通→キャンセルという状況が少なくありません。

・ご注文の際、メールアドレスの入力間違いはないか

・当方からの連絡メールを受信可能にしてあるか
※迷惑メールを気にするあまり、当方からの入金確認メール・発送のご報告メールすら受信してもらえない方も中には…。

・携帯メールのドメイン選択受信指定(@以下)を mo-no-tone.com に設定

以上、今一度ご確認下さい。
※ご注文後、
1〜10分以内にサーバーから自動送信されるメールが届かない場合は、ご記入頂いたメールアドレスが間違っている可能性がございます。

その際はコチラよりお問い合わせ頂くか、コチラより直接ご注文下さい。

あと、ショッピングカートに商品を入れておける時間は、システムの都合上恐らくは20分〜30分、長くても1時間程度です。
あまり長時間ショッピングカートに商品を入れたままですと、せっかくお選びなった商品が全てクリアされてしまいます。
十分にお気を付け下さい。

商品選択に時間が掛かってしまう時は、コチラより一旦メーラーをお開きになり、商品名をコピペしておく事をお薦めします。
もちろんそのままメールにて直接のご注文で結構です。その際、お客様の
“お名前”・“ご住所”・“お電話番号(任意)”・“ご希望の振込先(お支払い方法)”・“ご希望の商品名”をお忘れ無く一緒にご連絡下さい。後ほど折り返し当方より“受注確認メール”を差し上げます。

この度はご来店頂き、本当にありがとうございます。
ではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者紹介お問い合わせカートの中

Cream・Claptpn

ジャズ、ブルース、ロックを融合し、従来のロック・グループと違い長時間の即興演奏を得意とした。瞬く間にスーパー・グループとして君臨し、今も尚、ロック・トリオの最高峰といわれる。エリックは当時のインタビューで「ビートルズのような連中はミュージシャンだとは思っていない」と語っている。同年秋にデビューするジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスや翌年デビューするピンク・フロイドと共にロックは新時代に入っていく。
カテゴリ一覧
Cream(12)
ジャズ、ブルース、ロックを融合し、従来のロック・グループと違い長時間の即興演奏を得意とした。瞬く間にスーパー・グループとして君臨し、今も尚、ロック・トリオの最高峰といわれる。エリックは当時のインタビューで「ビートルズのような連中はミュージシャンだとは思っていない」と語っている。同年秋にデビューするジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスや翌年デビューするピンク・フロイドと共にロックは新時代に入っていく。
Derek and the Dominos(10)
クリーム解散後、クラプトンの音楽性は大きく変貌を遂げようとする。デラニー&ボニーやザ・バンドとの出会いにより、それまでのインプロヴィゼーション主体による演奏から歌を大切にした米国南部音楽に開眼。そこで70年に結成されたのが、デレク・アンド・ドミノス--クラプトンと、南部出身者を含む米国人3人によるグループだ。唯一のオリジナル・アルバム『いとしのレイラ』(70年)でロック史上に残る名曲「いとしのレイラ」を知らない人は、まずいないだろう。
Jack Bruce (17)
1965年ブルースはエレクトリックベースに持ち替えてジョン・メイオールのブルース・ブレイカーズに参加する。エリック・クラプトンとはこの時期に出逢う。1966年ベイカーとブルースの持つジャズの即興性とピート・ブラウンとの曲と詩によるビートニク、そしてエリック・クラプトンのもつ情熱的なブルース・フィーリングとをミックスしたグループ、クリームを結成することとなった。
Other(7)
ジェフ・ベック、ジミー・ペイジと共に、3大ギタリストと呼ばれていた。今もロックやブルースのギタリストの多くに影響を与え続けている。「スローハンド」というニックネームが有名である[1]。 ローリング・ストーン誌の2003年8月号のカバーストーリー、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」に於いて第4位。1990年代以降ポップ色を強めたあとも、彼のプレイの根底には常にブルースがある。
1970 Japan Tour(2)
エリック・クラプトンが復活した!「休業していた」と言うより、待っててくれた感じだ。その間に、ブルース・ブレーカーズ、クリーム、デルク&ドミノスを聴きまくっていたのだからライブに行くのは当然。ギターの神様を生で見れるということで観客総員数はスゴイもの。1974,1975,1977,1979年と4回もの来日。しょっぱなから「レイラ」だ。会場は大盛り上がりだ。「Badge」,「Can't Find My Way Home」、「Tell THe Truth」などが演奏され狂喜したのだった。
1990 Japan Tour(2)
【1990年】 来日54〜60回目【1991年】61〜72回目【1993年】73〜86回目【1995年】87〜96回目【1997年】96〜109回目【1999年】110〜123回目1999年の来日公演最終日まで、通算で123回の来日公演になりました。この頃も Eric Clapton は数年おきに来日公演を行っていたが、『Unplugged』のようなステージを期待していたにわかファンにはブルースのカバーで構成されたライブは大きな違和感があったようだ。  
2009 Japan Tour(12)
日本公演としては2006年以来2年ぶりとなる。前回は20公演近くをこなしたが、今回の公演は、日本武道館6公演と大阪城ホール2公演の合計8公演のみ。“偉大な歴史のすべてを見せるレジェンド・ライヴ”と銘打たれた2009年の来日公演。いつも行くファンも、まだ行ったことのないファンも、このライヴは絶対に聞き逃せないものになりそうだ。
2011 Japan Tour(11)
エリック・クラプトンとスティーヴ・ウィンウッドが、合同のジャパン・ツアーを今秋に開催。これまでに海外で何度か行われてきた、伝説的なロック・バンドであるブラインド・フェイスの元メンバー2人によるジョイント・ライヴが、ここ日本でも実現することとなった。このたびの来日ツアーでは、11月17日(木)の北海道立総合体育センターの北海きたえーるを皮切りに、12月7日(水)の東京・日本武道館まで計12公演を実施。
1970's(15)
70年代クラプトンは新天地を求めてアメリカに渡り、アメリカ南部のミュージシャンとデレク・アンド・ザ・ドミノスを結成。デュアン・オールマンをゲストに迎えて名曲「レイラ」を録音した。その後もクラプトンは様々なセッションにギタリストとして参加する。その一方で本格的なソロ活動もスタートした。1974年9月14日付のシングルチャートではボブ・マーリーのカバー曲である、「アイ・ショット・ザ・シェリフ」(I Shot The Sheriff)でナンバー1を獲得している。
1980's(13)
1980年代にはアルコール依存症、交通事故、胃潰瘍、愛妻パティ・ボイド(親友でもある元ビートルズのジョージ・ハリスンの前妻)との別離を経験。79年に武道館ライブを出して一段落した後の80年代、クラプトンは新しい局面を迎えることになった。ブルースからの脱出とブルースの消化で「クラプトン流」ブルースを生み出すのだった。しかしそのためには、新しい音に挑戦したりと70年代のレイドバックからすると積極的だったのかもしれない。
1990's(10)
1991年、自らのバンドを従え、ジョージ・ハリスンのソロをサポートする形で日本だけのツアーを敢行。途中、ジョージの休憩を兼ねて、自らの楽曲を演奏するコーナーもあった。ジョージからは世界ツアーの提案もなされたが、亡くなった自分の息子の為の楽曲の録音の為、クラプトンはこれを断った。この時に録音されたのが「ティアーズ・イン・ヘヴン」(Tears In Heaven)である。この曲は1992年に全米シングルチャート第2位を記録し、1993年には年間最優秀曲に選ばれた。
2000's(8)
2004年11月3日、イギリス政府より、ナイトの爵位に次ぐ「大英帝国第三級勲位」(CBE)が授与された。2004年6月24日には自身のギターコレクションの2度目のオークションを開催。。2005年にはクリームの再結成ライヴが5月に4公演、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホール、10月にニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで3夜連続で当時のオリジナルメンバーで行われた。2009年2月には2年ぶり18度目の来日公演を行った。
2010's(16)
2009年日本で実現した夢の共演ライブが、2010年ロンドンとアメリカで実現。その記念すべき幕開けとなったジェフ・ベックとの競演。でその後、ソロUSツアー、Winwoodとの競演EUツアーと続きます。
2011(15)
ニュー・アルバム『Clapton』をリリースしたエリック・クラプトンですが、2011年のイギリス・ツアーも発表となりました。2011年5月1日のダブリンからスタートするこちらのツアー。ベルファースト(5/10)、グラスゴー(5/12)、カーディフ(5/14) と周り、5月17、18、20、21、23、24、26、27日にはロンドンのロイヤル・アルバート・ホールにてコンサートを行います。ちなみに、26、27日の公演はスティーブ・ウィンウッドとの共演となるスペシャル・ライブとなるようです。
2012
1960年代からヤードバーズ、クリームなどのバンドでギタリストとして活動。その演奏について、エリック・クラプトンは神だとロンドン市内に落書きされた。「スローハンド」というニックネームで知られる。 『ローリング・ストーン』誌の2003年8月号のカバーストーリー「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第4位。2011年の改訂版では第2位。
2013(6)
1960年代からヤードバーズ、クリームなどのバンドでギタリストとして活動。その演奏について、エリック・クラプトンは神だとロンドン市内に落書きされた。「スローハンド」というニックネームで知られる。 『ローリング・ストーン』誌の2003年8月号のカバーストーリー「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第4位。2011年の改訂版では第2位。
2014(8)
1960年代からヤードバーズ、クリームなどのバンドでギタリストとして活動。その演奏について、エリック・クラプトンは神だとロンドン市内に落書きされた。「スローハンド」というニックネームで知られる。 『ローリング・ストーン』誌の2003年8月号のカバーストーリー「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第4位。2011年の改訂版では第2位。